今すぐお申込みの方はこちらから ┃ 携帯でお申込みの方はこちらから

『相川流声道 初秋公演 ~声にかける情熱~』





僕の声にかける情熱を、全力でお届けいたします。


<演目>
雅   : 秋は夕暮れ・枕草子
笑い  : 中村屋      
感謝  : 鏡の法則     
笑い  : 電車男      
感動  : もし知っていたら 
情熱  : 青春       
生き方 : 人生脚本     





初秋公演を、今、一緒に体験してみましょう





公演がはじまる。



静まり返った会場に、薄暗い明かりの中、白い着物で登場。
日本に受け継がれてきた、剣舞。
暗闇に光る、白銀の刃。




水を打ったような静けさ。







打って変わって、明るくなったステージ。

はじまる、お笑いの演目。電車男、中村屋。

超高速で繰り出される、ネタ、ネタ、ネタ、ネタ。

謎の絶妙な間。


噴き出す笑いの渦。

爆笑。

腹を抱えて笑ってしまう。






暗い中に、スポットライト。

朗読、鏡の法則。

優しく、紡がれるストーリー。

まるで自分のことのように聞いてしまう。

流れ落ちる、大粒の涙。

ああ、わたしも、そうしよう。そう思ってしまう。

感謝があふれる。







暗い中に、スポットライト。


朗読、青春。

ほとばしる情熱。

体中が熱くなる。

悩んでいたことなど、はるか彼方に飛んでいってしまった。

鳥肌がたつ。




朗読、もし知っていたら。

優しく、全身を毛布で包み込まれるかのような声。

耳元でささやかれているような感覚。

伝わってくる、悲しみ。悲壮感。

こみ上げて来る涙。

大切な人に、想いを伝えよう。

そう、静かに決める。




朗読、相川陽介、人生脚本。

自分で書いた話しらしい。

暗い中に、スポットライト。

朗読って不思議だ。

なんであの人が読むと、こんなに惹きつけられるんだろう。

私じゃないはずなのに。

他人の話のはずなのに。

どうしてこんなに、くやしいんだろう。

どうしてこんなに、悲しいんだろう。

彼の気持ちが、自分の気持ちになっているのがわかる。





客体と主体の境界線が失われる。





どうして、こんなに苦しい気持ちなんだろう。

好きなことを仕事にするって、こんなことなのかな。

極限の状態で、ある人が、こんな言葉をかけてくれた。






『あなたの声で、あなたの朗読で、あの人泣いてたよ』






自分がこの仕事をしている意味がわかった。

わかったつもりになっていたけど、わかってなかった。

たった一人でも感動してくれるのならば。

私は続けていきたい。

そう思う。

自然と、言葉がでてくる。

私の、この仕事をしている理由。



『私にも、できることがある。

つらいことがあっても。

くやしいことがあっても。

悲しいことがあっても。

私にはできることがある。

私には夢がある。

私には夢がある。

私の声が、感動の涙を流させる。

私の声が、情熱を生み出す。

私には、できることがある。』




胸に刻まれた。

朗読が終わった。

はっとした。

わたしは、朗読を聞きにきていたのだった。

さっきまで、別の人の人生を、自分の人生だと思って生きていたようだ。

感動が胸に残っている。


なのに、会場は、まったくの静寂。

わかった。

みんな私と同じ気持ちなのだ。


拍手をしよう。

拍手だ。





ちらほらと拍手の音が起こる。


大きな音となる。

大きな音となる。


気がついた。

ステージでお辞儀をしているこの人が、この時間を作ったこと。

これだけのものを魅せるために、どれだけのエネルギーを投資したのだろう。

まいった。

まいってしまった。


私は立ち上がる。

隣に座っている友達に視線を送る。

一緒にきている友達も立ち上がる。

拍手の音が鳴り響く。


拍手の音で、耳がおかしくなったのか。

拍手の音が鳴り響く。


うしろを振り返ると、会場のスタッフらしき人がにこにこしている。
うれしそうだ。


ステージが終わった。

ステージは終わったはずなのに。

まるで、これからがステージのようだ。

私にも、できることがある。

なにをしよう。

もう決まっている。

会場をあとにした。





ここまで。



初秋公演、伝わるといいなと思っています。
原点回帰。
朗読のみのステージにしました。
どうすればスタンディングオベーションしていただけるだろうか?
その一念で、かなり悩みました。

やはり、自分の最も得意とするもので勝負するしかない。
そう決めました。

朗読をはじめたとき、最初に読んだ作品たち。

青春。
もし知っていたら。
鏡の法則。

朗読でこれだけお客さんに笑ってもらえるなんて!と、驚いた作品。

電車男。
中村屋。

自分はなぜ朗読をやっているのか。
どうしてやっているのか。
泣きながら書いた作品。

相川陽介、人生脚本。


笑えて、泣けて、ためになる。

この時間を、一緒にすごせることを楽しみにしています!



◯日時:

<東京>2011.09.15(木)19:00開場 19:30開演
<大阪>2011.09.29(木)18:30開場 19:00開演
<福岡>2011.10.01(土)18:30開場 19:00開演

◯会場:

<東京>
大田区 あぷりこホール 小ホール
大田区蒲田5丁目37-3
電話:03-5744-1600
Access

<大阪>
大阪中央公会堂 小集会室
大阪市北区中之島1丁目1-27
電話:06-6208-2002
Access

<福岡>
住吉神社能楽堂
福岡市博多区住吉3丁目1-51
電話:092-291-2670
Access

◯チケット:

S席:10,000円
A席:5,000円
B席:3,000円

※お申込は、文面の最後をご覧ください。
※チケット代は事前振込みとさせていただきます。
※当日券もご用意しております。詳しくはお問い合わせください。

◯出演:

声の芸術家 相川陽介
「天から与えられた声を通じ、感動・勇気・癒しを伝える」

九州生まれ九州育ち。
小学生から十年間、剣道の修行に励む。剣道二段。
早稲田大学法学部、勇退。

高校時代、国連事務総長になることを志し、上京。
国連でのボランティアを経て、ルーマニア平和研究所にて
平和学の父ヨハン・ガルトゥング博士の愛弟子に学ぶ。
帰国後、大手経営コンサルティング会社、電話営業にてビジネス経験を積む。

2006年7月17日より、声の芸術家として活動開始。

世界一のヴォイストレーナーと呼ばれるエドウィン・コパード氏の個人セッション受講、
昭和の一時代を築いた元NHKアナウンサー酒井広氏より朗読指導受講。
また、日テレ俳優養成所にて研鑽を積む。

2009年2月 株式会社ソラオト設立。

2011年1月現在、通算朗読会回数約350回。通算観客動員数約25000人。

また、話し声・スピーチヴォイストレーナーとして、ビジネスパーソン中心に、のべ2000名を指導。
四年制大学、IT企業、美容専門学校、生保関連企業など企業研修導入実績あり。

人気モデル押切もえ氏のボイストレーナーとしても知られている。


女性誌「MISS」、女性誌「クロワッサン・プレミアム」、情報誌「シティリビング」など、雑誌掲載多数。

現在、東京、大阪、福岡、名古屋、仙台、札幌の全国6か所で活動中。

2011年3月には、イタリア・ボローニャにて、ソラオトヴォイストレーニングワークショップを開催。
同時に、公演も行う。

「朗読家」で、yahoo! google検索日本一。

◯チケットのお申込:

以下のフォームからお申込下さい。
携帯でお申込みの方はこちらから